スポンサーリンク

二重整形後の腫れ

JY

안녕하세요~
韓国人と関西人のハイブリッドJYです♪

二重の整形後って瞼がすごく腫れて『ほんとうにこの腫れ引くのかな?』って不安になりますよね

今日はJYが実際にやった二重整形後の腫れを早く治す方法を紹介していきます

二重整形後は、埋没法など簡単でリスクがすくない整形であっても必ず腫れます。

 

一般的に埋没法は腫れが小さく、切開法が腫れが大きいと言われおり、二重の幅によっても腫れの違いが出てきます。二重の幅が狭ければ狭いほど腫れが小さく、幅が広いほど腫れが大きいと言われています

1番腫れると言われる二重整形後の腫れのピークは、埋没法も切開法も2~3日ほどと言われているので、2~3日は家で安静にしておくのが一番いいです!

埋没の腫れ

埋没法はメスを入れない二重整形法で、糸を使い二重を作ります。切開しないので瞼に負担が少なく、腫れが小さいです。

個人差はあるけれど、2~3日の腫れのピークを終え1週間でほぼ落ち着くみたいですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

二重がだんだん定着してくるのは2週間目くらいから!

※こちらも個人差があります

切開の腫れ

切開法は半永久的な二重を作るのにまぶたにメスを入れるので、負担が大きく腫れが大きいです。もちろん切り傷も残ります( ノД`)シクシク…
※目の周りで内出血する場合もあり

切開法も個人差や切開する二重の幅によりますが、2~3日の腫れのピークがきて4日目から少しずつ腫れが引いてきているかなー?と微妙にわかる程度です。

だいたい1週間前後で抜糸をして、ここで一気に腫れが引いてくるんですよね(((o(*゚▽゚*)o)))

完全に腫れが引くのは早くて3ヶ月~半年と言われているので、気長に待つしかありません。

切開した傷跡は約1年ほどできれいになくなり、整形だとわからなくなるくらいキレイな二重になってます!

 

スポンサーリンク

まぶたの腫れを早く引かせるためにやること/控えること

『腫れを長引かせない!』『早く腫れを引かせる!』ためには手術後の1週間が勝負!!

学校や仕事をなかなか休めない人は、一刻も早く腫れが引いてほしいですよね...

そこでわたくしJYがいろんな方法を持ってきたので紹介していきます♪

 

目元の周りを冷やす

これは本当に重要です!!

なるべく冷えピタや冷却アイマスクなどを使って目元の周りを冷やしてください

よく氷をハンカチやタオルで巻いて瞼に直接当てている人がいますが、おすすめしません。


※絶対に瞼は濡らしたり刺激を与えないこと!!

そこでJYがおすすめしているのはこのアイマスクですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

このアイマスクのどこが良いかというと、目元の部分が空いているんですよね

まぶたに直接アイマスクが当たらないから、傷跡を刺激する心配がないです。

 

かぼちゃを摂取する

 

韓国では一般的なことで、二重整形も含め美容整形後はみなさん『かぼちゃエキス』『かぼちゃスープ』『かぼちゃのお粥』『かぼちゃサラダ』を食べています。

とにかくまぶたの腫れを早く引かせるにはかぼちゃを摂取するのが1番効果があるんですよね。

JYは1週間毎日カボチャのお粥を食べていました(笑)

そのおかげで、腫れが引くのがめちゃくちゃ早かったです(∩´∀`)∩

JYのおすすめは、この『かぼちゃのお粥』

もう完全に腫れは引いたんですが、美味しくて普段も食べています(笑)

お粥だから腹持ちもよくて、食物繊維も豊富なので置き換えダイエットにもおすすめです♪

しかもかぼちゃには鉄分、カルシウム、ビタミンA・B1・B2・Cを含んでいるので美肌効果もあり、まさに美容商品です。

かぼちゃの効能
  • 免疫力UPで風邪の予防に良い
  • カリウムでむくみ予防になる
  • 食物繊維が豊富で便秘の改善になる
  • ビタミンCで肌を守りシミやシワを防ぐ
  • ビタミンB群で太りにくい身体に
  • ビタミンAで老化を防ぐ

ビタミンCには免疫力をUPさせる作用がありウイルスから体を守ってくれます。さらにシミの元になるメラニン色素の生成を防ぐ働きもあって、コラーゲンを生成するサポートもしてくれるので美肌効果が期待できます!

ビタミンB群は『タンパク質』『脂質』『糖質』の代謝を促進してくれるので、美しく痩せたいダイエッターには必須の栄養素です。肌荒れなどのトラブルも解消してくれて、疲れ目や目の充血も改善してくれます。

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つ役割があり老化を防ぎ、生活習慣予防に効果的です。

かぼちゃはカリウム食物繊維も豊富に含まれていて、むくみを解消してくれます。便秘の改善にも効果的で痩せやすい身体を作ってくれます。普段からむくみやすい人や便秘気味な人はかぼちゃのカリウム食物繊維でスッキリしましょう!

 

目を疲れさせない

 

目を使いすぎると目が疲れて治りも遅くなるし、腫れもなかなか引きません。

とくに腫れのピーク2~3日目は本やテレビ,スマホも観ないほうがいいです...

JYは2~3日間ずっと音楽を聴いたり、トーク番組なら画面を観なくても音声だけで楽しめるので耳だけ使って生活していました(笑)

 

枕を高くする

頭が心臓より低い位置にあるとむくみやすいので、横になる時には必ず枕を高くして、上半身を起こし頭を心臓より高い位置に置いて寝てください。

上半身を起こして寝ることによって、むくみ防止にもなりめまいやイビキなどの予防にもなります。

 

アイメイクはしない

 

埋没は腫れのピーク2~3日後からアイメイク可能ですが、切開は1週間前後の抜糸をするまではアイメイクをしないでください。

瞼に刺激や負担をかける行為は基本しないようにしてください。

 

運動、アルコールを控える

 

運動やアルコールは血行が良くなって、腫れを悪化させたり内出血起こす場合があるのでやめましょう。

仕事での激しい動きも極力避けるようにしてください。

ちなみにタバコはセーフみたいです。
血行が悪くなるから。

 

辛い食べ物や長時間の入浴も避ける

 

辛い食べ物や長時間の入浴は身体が温まり血行が良くなってしまって、腫れが長引いてしまうことにつながります。

抜糸が終わるまでは、シャワーで済ませたほうがいいかもしれません(´;ω;`)ウゥゥ

 

スポンサーリンク

最後に

二重整形後のまぶたの腫れを早く引かせるには上記の方法を参考にどうぞ!

基本的には体温が温まることや目元への刺激を与えなければ大丈夫です。

かぼちゃを摂取したり目の周りを冷やしたりすれば治りがはやいです。

JYは実際に腫れの引きが早かったから絶対効果あるとおもうのでぜひ試してみてください

 

JY
いかがでしたでしょうか♪ ここまで読んでくださりありがとうございます。 よろしければフォローとシェアよろしくおねがいします。
スポンサーリンク
おすすめの記事