グレイヘア

 

こんにちは!!

JYです

 

 

近藤サトさんが白髪姿でテレビ出演したのをキッカケに『年相応で素敵』と話題になったグレイヘア

 

メディアや雑誌でもグレイヘアが話題になり、2018年の流行語大賞にもノミネートされました。

 

しかし、比較的若い人たちからは、『なにそれ?』『知らない』との声も。

 

スポンサーリンク

グレイへアは『年齢に抗わない生き方』ではない

 

僕は、『年齢に抗わない』生き方は素敵だと思います。

 

でも、白髪染めは『年齢に抗う』行為なのか?僕は、白髪染めが若さにしがみついているとは思いません。

 

海外では、歳を取ることに対してポジティブで、年齢を重ねるたびに魅力になっていくという考えが多いです。

 

彼女たちは年齢からくる賢明さ、経験豊富な女性にしか出せない色気をふんだんに出しているんです。

 

彼女たちは、ミニスカートだって、胸の谷間だって出していることもあります。これこそが大人の女性あり、年齢に抗わない生き方だと思います。

 

『年齢に抗わない生き方』というのは、自分を変えるのを辞めて白髪を放置し老けて見られても、まったく気にしない生き方ではありません。

 

 

スポンサーリンク

グレイヘアは逆にオシャレのハードルが高い

 

年齢を重ねるごとに増えていく白髪との戦いに疲れてしまった人も、白髪染めの費用が負担になる人にも、グレイヘアは解決法のひとつです。

 

しかし、一般人がグレイヘアにするには、逆にオシャレのハードがグーンと上がります。

 

  • 今持っている洋服が似合わなくなる
  • グレイヘアに合うファッションに変える必要がある
  • 化粧スタイルも変わる
  • ヘアスタイルもきっちりお手入れしなければならない
  • 一歩間違えると、ただ老けて見える

 

グレイヘアを維持するのは、白髪染めより何倍も大変です。すこしでも美の努力を怠ると、ただ老けた人になりかねません。

 

結局、白髪染めするよりも時間とお金がかかるのです。

 

なかには、いままで若白髪を気にせずに放置していたけど、ヘアカラーしたら-10歳若く見られるようになったという人もいらっしゃいます。

 

70代80代のグレイヘアは身なり次第で、おしゃれで素敵だと思いますが、40代50代の人にはかなりハードルは高くだらしなく見えます。

 

 

スポンサーリンク

身内への配慮も必要

 

家庭や恋人がいる人であれば、その周りの人たちへの配慮も必要になってきます。

 

たとえば、子供の学校やデートで周りの目を気にすることも多いはずです。『あの子のお母さん白髪を放置している』『あの彼女老けて見える』なんて思われる可能性もあり、自分以外の人への影響もかなり大きいのではないでしょうか。

 

もしグレイヘアにするのであれば、身内の意見を聞いてからにしたほうが良いかもしれませんね。

 

 

グレイヘアはおすすめしない

 

今回は女性のグレイヘアに関して書きましたが、僕は男女問わずグレイヘアは無しだと思います。

 

『白髪染めに疲れた』『敏感肌で染めれない』『白髪染めの費用がバカにならない』という方には、白髪染めに疲れた人にオススメの解決法を読んでみてください。

 

グレイヘアを維持するのは本当に大変で、いくら美人であっても老けて見えるのには変わりありません。樹木希林さんのように70代80代になってからグレイヘアにしている人は素敵ですが。

 

誰がグレイヘアを流行らそうとしたのですかね。グレイヘアってかっこよく言っていますが、白髪ですからね。

 

 

スポンサーリンク