スポンサーリンク

こんにちは!
JYですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

家でホームシアターって憧れますよね(n*´ω`*n)

自宅や部屋を映画館のような大スクリーンにできたら素敵じゃないですか?

JYも昔から部屋をホームシアターにするのが夢でした(笑)

そしてついに叶えたのです!!

なんと22,979円という格安で破格の値段で夢のホームシアターを手にしたんです(((o(*゚▽゚*)o)))

1人暮らしのワンルームでもホームシアターを作れちゃうんですよねえ

本日はJYがおすすめするプロジェクターと動画配信サービスをプロジェクターで観る方法を紹介していきたいと思います!

お手頃価格なのに高品質プロジェクター

最大200インチの大画面

こちらのプロジェクターは投射距離(約1.5m~5.5m)によって44~200インチの大迫力、大画面で映画やドラマ、アニメを鑑賞することができます!!※推奨画面サイズは100~120がおすすめ

ワンルームだとこんな感じになります

普通のテレビより、かなり大画面です

ちなみにJYは壁が白いのでスクリーンなしで映しています(笑)

フルHD対応の高画質

3500メルーンでフルHDにも対応の高画質!!

映像をはっきりと鮮やかに投写できて細部まではっきり見えます

ちょー簡単に説明すると


「ルーメン(lm)」とは、光の量の単位で、数値が多いほど明るくなります。

画質は『SD⇒HD⇒フルHD⇒4K』という順で上がっていきます。

※JYはスクリーンなしで投射していますが、より鮮明な画質を楽しむならスクリーンが必要です

明るい部屋でも映ることは移りますが、なるべく暗所で利用してください!

HI‐FIレベルの内臓スピーカー

内蔵スピーカーなので、別途でスピーカーを揃える必要がありません!

最高のサウンド技術を採用していて高品質のHI-FIレベルのステレオオーディオで、さらに映画館の雰囲気を作り出せます

HI-FIとはHigh Fidelity(高忠実度、高再現性)という意味です。

多機能インターフェース


Amazon Fire TV/ラップトップ/ブルーレイDVDプレーヤー/ PS3 / PS4 / Xbox / TVボックス/
PC/スマホ/iPad/iPhone/USBなどで接続可能です
※スマホの場合、変換ケーブルが必要ですが、別途にご用意ください。

HDMI変換ケーブルでスマホとプロジェクターを繋ぐことでYouTubeなども鑑賞可能です!!

スポンサーリンク

プロジェクターで動画配信サイトを観る方法

プロジェクターで動画配信サイトを観るにはAmazon Fire TV』が必要です。
※スマホやPCとプロジェクターを繋いで、動画配信サイトを流しても映りません。

Amazon Fire TV』をコンセントとプロジェクターに差し込むだけの超簡単セッティング!!

あとは『U-NEXT』『Hulu』などの動画配信サイトをAmazon Fire TV』にダウンロードすれば観れるようになります!

Amazon Fire TV』があればスマホやPCをプロジェクターに繋がなくてもYouTube、ニコニコ動画が観れちゃいますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

スポンサーリンク

Artlii LEDプロジェクター3500メルーンのデメリット・メリット

デメリット
  • 壁が白くないとスクリーンが必要
  • 本格的な音響セットがないと映画館のように『音に囲まれてる感』が出ない
  • 部屋が明るいと観にくい
メリット
  • 44~200インチで調整可能
  • 3600メルーン、フルHDなのでスクリーンがなくても映像がキレイ
  • 内臓スピーカーなので別途でスピーカーがいらない
  • セッティングが簡単
  • 値段が格安
ホームシアターにかかった費用
  • Artlii LEDプロジェクター3500メルーン ¥18,999
  • Amazon Fire TV ¥3,980
  • 合計 ¥22,979

壁が白くないとスクリーンや、より映画館に近づけるためには本格的な音響セットが必要になってきます。

ホームシアター入門には充分満足できるクオリティのプロジェクターで、大迫力のサウンドと高画質な大画面を楽しめますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

動画配信サイトを鑑賞したい方は『Amazon Fire TV』も必要ですが、プロジェクターとAmazon Fire TV合わせても2万5千円を切る格安の値段です!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!よろしければフォローとシェアよろしくお願いします。
スポンサーリンク
おすすめの記事