こんにちは

JYです😍

 

二重整形を受ける人が多い時期というと、夏休みや進学などが自分の周りの環境が変わりやすい春に多い傾向にあります。

 

周りの環境が変わりやすい春は、初対面の人と知り合う確率が高く、元の自分の顔を知っている人がいないので二重整形してもバレずに過ごせてストレスがないからです。

 

また春は、手術後の傷に大敵となる紫外線や日焼けが少なく、花粉症の時期なので、メガネをしていても目立ちにくというのも理由の一つです!!

 

スポンサーリンク

春は進学や就職で環境が変わりやすいため、二重整形するのに一番適している!

二重整形が多い時期

二重整形はオールシーズン受けることが可能ですが、

 

二重整形を受ける人が一番多い時期は、人生の節目となり、自分を取り巻く環境が、がらりと変わりやすい春です。

 

春は進学や就職、転職などで今までとは別の環境に飛び込み、今まで知らなかった人と知り合う時期なので二重整形する絶好のチャンス!

 

 

とくに進学や就職などで、地元から離れるとなると、周りに元の一重だった自分の顔を知っている人はほとんどいないため、

 

 

二重整形がバレづらく、元から二重であったと思い込ませることも可能です。

 

また二重整形後はダウンタイムがあり、二重のラインが目に馴染むまでに多少の期間が必要なため、長期休暇が取りやすいというのも、春に二重整形が多い理由の一つです。

 

春の二重整形はアフターケアにも適しています。

 

二重整形後は、まぶたに強い紫外線を浴びたり、日焼けするのがNG!

 

できる限り傷の回復を早め、目に負担をかけないような生活をしなければなりません。

 

日焼けによる皮膚へのダメージは、傷の回復が遅く、腫れが強くなる可能性があります。

 

そのため、春ならまだ紫外線もさほど強くなく、外に出ても日焼けの心配がないので、二重整形に適した季節と言えます。

 

しかし、春は二重整形を受ける人が多くなる時期なので、どのクリニックも混むため、早めの予約が必要です。

 

スポンサーリンク

夏は紫外線や汗に注意

夏に二重整形

夏も、夏休みやお盆といった長期休暇が取れるため、二重整形を受ける人が多くなります。

 

しかし、夏だと紫外線も強く、汗をかいて傷口が濡れてしまうと化膿するリスクもあります。

 

夏に二重整形される方は、極力汗をかかない生活をするか、傷口が濡れないようこまめに汗を拭いてください。

 

サングラスも目元は隠しやすいですが、隙間から紫外線が入ってこないような物を選びましょう。

 

また、二重整形後は傷を濡らしてはいけないため、プールや海などにも行けない期間が続くなど色々と不都合が出てきそうです。

 

夏も長期休暇があるため、二重整形を受ける人が多くなるので、早めの予約が必要です!

 

スポンサーリンク

秋や冬は乾燥に注意

冬に二重整形

秋や冬は乾燥しやすい時期です。

 

肌が弱い方だと乾燥で傷口が痒くなったり、炎症を起こしたり、皮がめくれる可能性出てきます。

 

だからといって、傷口に市販の軟膏を塗ったり、クリームで保湿するのは危険なのでNGです。

 

冬に二重整形される方は、部屋の加湿や肌に良い食生活を心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク