こんにちは!!

二重整形マスターのJYです😍

 

二重整形の費用は、お手軽に両目29,800円からできるものや、高いものだと30万円と金額の幅が広いです。

 

支払い方法現金、クレジットカード、医療ローン、仮想通貨と様々な決済法があり

 

『とにかく一重がイヤ!今すぐに二重整形したい!だけど手持ちがない。』という方でも、分割払いすることが可能なんです!

 

JYが二重整形したときは、医療ローンで30万円を12回払いで支払いしました。

 

本記事では『今すぐに二重整形をしたいけど手持ちがない!』という方のための支払い方法をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

二重整形の支払い方法は?

二重整形支払い方法

 

二重整形の支払い方法は美容外科によって様々!

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 医療ローン

 

支払いのタイミングはどの美容外科も手術前に決済します。

 

現金の場合は一括でのお支払いとなるので、分割払いをご希望する方はクレジットカードや医療ローンを利用しましょう。

 

現金払い

失業保険の支払い方法

 

現金での決済する場合は一括払いとなります。

 

料金が高い施術法であれば、ポイント還元率が高いクレジットカードで一括払いするのがオススメ!

 

クレジットカードの一括払いは金利手数料が発生せず、ポイントも貯まるからかなりお得です♪

 

デビットカード払い

二重整形デビットカード

 

デビットカードは支払いした瞬間に提携口座から引き落とされるカードです。

 

クレジットカードが使用できる場所でしたらほとんど利用できます!

 

現金で一括支払いしたいけど、大金を持ち歩くのが不安な人はデビットカードで支払いすることをおすすめします。

 

デビットカードは、クレジットカードと違い口座から即時引き落としなため後払いの必要がなく、利用するたびにポイントが付与されるのでお得に利用できるのが魅力です♪

 

クレジットカード払い

二重整形クレジットカード

 

カード会社の締め日や決済日によりますが、クレジットカードで支払いした場合は翌月または翌々月に請求がくるので、その場で現金がなくても支払いすることができます。

 

クレジットカードは分割払いも可能なので利用する際は、分割できる回数と限度額をちゃんと確認しておきましょう。

 

利用限度額が足りないときは、クレジット会社に電話して一時的に増額してもらうこともできます。

MEMO

施術費用がクレジットカードの限度額を超える場合は、利用限度額を超える分を現金で払い、残りはクレジットカードで支払うことも可能です。
例えば、施術費用20万円でクレジットカードの利用限度額が15万円のとき、5万円を現金払いにしてもらい残りの15万円はクレジットカードで支払うことができます。

 

また、家族名義のカードで支払う場合は、名義人同伴でなければ使用できないので、必ず本人に着いてきてもらってください。

 

医療ローン

二重整形医療ローン支払い

 

医療ローンは信託会社にお金を借りて支払い、翌月または翌々月から毎月返済していきます。

 

信託会社によりますが、月々3,000円以上の返済であればクレジットカードよりも分割できる回数が多く1回~84回まで分割払いが可能です。

 

美容外科クリニックが提携している信託会社に医療目的のローンを申し込みする必要があり、カウンセリング時や手術前の施術の金額が確定したら申請します。

 

契約に必要な書類は下記の3点です。

医療ローン契約に必要な書類
  • 身分証明証(運転免許証・保険証・パスポート等)
  • 通帳やキャッシュカード
  • 通帳の登録印

 

医療ローンでの支払いを希望される場合、審査が通らないと施術を受けられないので、まずは無料カウンセリングに行って申請してみましょう!

 

 

スポンサーリンク

医療ローンは学生やフリーターでも申請できるの?

医療ローン学生・主婦・フリーター

 

二重整形の施術法が決まり金額が確定したら、医療ローンを組む際に審査があります。

 

信託会社によって審査基準が異なりますが、成人していて安定した収入があれば学生やフリーターの人も契約することが可能です。

一般的な審査基準
  • 成人以上
  • 安定した収入
  • 勤務年数
  • 他社の借り入れはあるか
  • ブラックリストにのっているか

成人以上

成人していれば学生でも医療ローンを契約することが可能です。

未成年の場合は、保護者に保証人になってもらう必要があります。

 

安定した収入

フリーターや主婦の人も安定した収入があれば大丈夫です。

主婦の人は自分に収入がなくても、配偶者の収入があれば医療ローンを契約することが可能です。

 

勤務年数

JYの場合は当時勤務年数2年で医療ローンを契約することができました。

勤務年数が長ければ長いほうがいいですが、1~2年以上であっても審査に通ることもあるみたいです。

 

他社の借り入れはあるか

他社の金融機関からも借入があるか記入しなければなりません。正直に書きましょう。

他社から借入がある場合でも、延滞せずにちゃんと返済できる収入があれば審査に通ります。

 

ブラックリストにのっているか

過去に金融事故を起こしてブラックリストにのってしまっている場合は審査に通るのが困難かもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードの分割払いや医療ローンは手数料や金利がかかるので注意が必要ですが、高額な二重整形費用を一括で支払いするのはなかなか厳しい人もいると思うので一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

実際にJYは医療ローンを組んで月々3万円を12回払いにして二重整形しました!

 

毎月無理なく返済できる回数にすれば、そこまで負担にならないので、今すぐに二重整形したい!という方にはクレジットカードの分割払いや医療ローンがおすすめです!

スポンサーリンク