スポンサーリンク

 

みなそんこんちくわぶ

JYです(о´∀`о)

 

いよいよ2019年10月から増税となりましたね。

 

本来は2015年10月に消費税10%になる予定でしたが、2回の先送りを経ていよいよ今年2019年の10月から増税となります…

 

物価の上昇に反して平均収入は上がらないのに、このまま10%に引き上げても余計に負担が重くなると思われるのですがどうなるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

増税にともない『軽減税率制度』導入

 

2019年10月の消費税アップにともない導入予定とさせれいるのが軽減税率制です。

 

軽減税率とは、食料品や新聞などの消費税はそのまま8%で、通常の10%の消費税から軽減される税率のことです。

 

この線引きがめちゃくちゃややこしいんですよね!

 

酒類、ケータリング、外食は消費税10%

 

ノンアルコールビール、出前、テイクアウトは消費税8%

 

例えばファーストフード店やコンビニの店内で飲食した場合は消費税10%が加算。テイクアウトした場合は軽減税率の8%が加算されるというシステムです。

 

まじで混乱する!!

 

じゃあコンビニやファーストフード店でテイクアウトしたけど、やっぱり店内で食べようってなったら…

 

いちいちレジ行って『やっぱり店内で食べるので、計算し直してください』とか言うの??

 

 

もうわけわからん!!

 

 

従業員もしっかり教育しとかないと、クレームに繋がりそうな気がしますね。

 

 

スポンサーリンク

コンビニのイートインは休憩施設になる方針

 

酒類は10%の税率、飲食料品は全て持ち帰りのみの軽減税率の対象品にし税率8%で政府と調整しているみたいです!

 

イートインコーナーでの飲食は外食扱いになり税率10%になるので、イートインコーナーを『休憩施設』と位置付けすることによって飲食を禁止し酒類以外の飲食料品は全て税率8%にする方針みたいですね。

 

たしかに、いちいち『お持ち帰りか、店内で飲食するか』確認するのはめんどくさそうです。

 

しかし完全にイートインでの飲食が禁止になるわけではなさそうで

 

購入した飲食料品がトレーに載せられて座席に運ばれたり、返却が必要な食器に盛られて提供されたりすると、外食と判断される。このため、そうしたサービスはできないようにして、全ての飲食料品を持ち帰りができる状態で販売するよう徹底する。コンビニ業界は、こうした施策で、取り扱う飲食料品は持ち帰りと定義でき、客がイートインで飲食したとしても税率は8%になるとみている。

つまり
コンビニ側は商品を全て袋詰めして『持ち帰り』販売しているから外食サービスは提供していませんよ!
お客さんが勝手に休憩施設のイートインで飲食しているだけだから税率は8%ですよ!!

 

ということらしいです。

 

なのでコンビニのイートインコーナーは『休憩施設』という位置付けになるけど、私たちが勝手に休憩施設で飲食するのは大丈夫みたいですね!

 

しかしこれをokしてしまうと、外食残業からコンビニ業界への批判が強まるかもしれませんね。

 

いつまで軽減税率制度が続くのかも決まってないので、まだまだどうなるかはわかりません。

 

 

スポンサーリンク