出国税

みなさんこんにちは!

JYです

 

2019年1月7日いよいよ出国税の微収が始まりましたね。

 

国税としては27年ぶりの新税となります。

 

出国税はどこで払えばいいの?

 

対象となるのはダレ?

 

出国税どこに使われるのかとても気になるので確認していきましょう

 

スポンサーリンク

出国税はどこに課税されるの?

出国税は航空券

航空券購入時に1000円上乗せされて微収されます。

 

数万円の航空券に1000円課税されるので、小さく感じるかもしれませんが、航空券の値上げは痛いです。

 

当然、海外旅行をする回数が多い人は出国税の負担が大きくなりますね。

 

スポンサーリンク

出国税の対象はダレ?

出国税対象者

国籍問わず、日本人も外国人も日本を出国するすべての出国者が対象となります。

仕事の出張で日本を出国する人にも課税されるので、日本人は対象外にしてほしかったとの不満の声もあります。

出国税が免除されるケース

出発日時点で満2歳未満の幼児

◎乗継便(日本入国後24時間以内に出国)の人

◎出国後に天候その他の理由で日本に引き返した場合


 

 

 

スポンサーリンク

出国税はどこに使われるの?

出国税どこに使われる

 

2012年以降から日本を訪れる外国人観光客が急増していて年々増え続けており、2018年の年間訪日外国人の数は、2012年の2、3倍となる約3,000万人に昇ります。

 

また、2020年には4,000万人の訪日外国人を呼びたいとしていて、約500億円前後の新税収入を見込んでいます。

 

この400〜500億円もの大金の使い道は

 

『外国人がストレスを感じずに旅行するための環境整備』『多様な情報の提供』『地域の文化や自然など観光資源の整備』と3分野が挙げられていますが、具体性がなくざっくりしていて違う所に使われそうな気もします…

 

個人的にはJRや新幹線とか電車でもフリーWi-Fiが使えたらいいな!なんて思いました笑

 

 

各国の出国税

各国の出国税

韓国 1万ウォン(約1,000円)

 

アメリカ 14ドル(約1,500円)

※外国人のみ

 

オーストラリア 60AUSドル(約5,000円)

 

香港 120HKDドル(約1,600円)

 

フランス 8ユーロ(約1,000円)

 

この他にも出国税を導入している国があり、どこも観光客が多い国ばかりです。

 

オーストラリアがずば抜けて高い気がしますね(; ̄ェ ̄)

 

他国に比べたら日本の出国税は安い方なのかもしれません。

航空券をキャンセルしたら出国税は戻ってくるのか

出国税払い戻し

チケットをキャンセルしたら?

もちろん出国してないから出国税はかからないはずですよね。

1000円が戻ってくるか戻ってこないかは航空会社しだいで、日本航空、全日空といったフルサービスキャリアは手数料なしで全額返金されます。

外資系の航空会社もフルサービスキャリアならすんなり全額返金してくれます。

しかし注意してほしいのは、バニラエア、ジェットスター、ピーチなどのLCC(格安航空会社)です。

◎バニラエア手数料4,000円

◎ジェットスターは予約便の出発前に限り運賃種別試次第で返金可能(自社バウチャーでの返金)。Starterは不可

◎ピーチ手数料3,240円

国税なのに航空会社によって対応が違うってどういうこと?って思いますよね。

手数料が出国税の1000円より高いってことは返金不可って言ってるようなもんじゃないですか。

これには納得できませんよね。

スポンサーリンク